ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

◆「自費出版の森」で何が出来るの?

「自費出版の森」ウェブサイトから無料でダウンロードできる「エディタ(執筆ソフト)」を使って、簡単に本がつくれます(出版)。 作成した本は、自分で値段をつけて販売することができます(電子書籍形式と上製本形式)。※「自費出版の森」ウェブサイト上のみ。 また、その作品の印刷と製本のご注文も行っていただけます。印刷・製本は「上製本(ハードカバー本、1冊~)」と「並製本(ソフトカバー本、50冊~)」の2タイプをご用意しております。

出版・販売・印刷製本には、いずれも正式会員登録が必要です。

◆ 本を作るのは難しくないですか?

「自費出版の森」は、誰でも簡単に本を作れることを目指して設計されています。準備されたフォーム(雛形)にしたがって文章やタイトルを入力していけば、自動的に目次や奥付などのデータも作成され、立派な本としての体裁が整ったデータが作成されます。レイアウトは全て自動的に行われます。

◆ 決済の方法は?

  「コンビニ決済」と「クレジット決済」をご用意しております。
 「コンビニ決済」の場合は、ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・ミニストップ・デイリーヤマザキがご利用いただけます。  高額商品をお求めの場合、「コンビニ決済」「クレジット決済」がご利用いただけない場合がございます。
 その場合には、当社指定の銀行口座(三井住友銀行、トマト銀行、中国銀行)へのお振込みにて対応いたしますので、お手数ですが当社までお問い合わせください。
 (メール:info@mystorybook.jp TEL:086-275-7863 fax:086-275-6666)

◆ 作家としての印税はどのくらいもらえるの?

「自費出版の森」ウェブサイトからあなたが販売する電子書籍や上製本が売れると、販売価格や販売冊数に応じて印税をお支払いします。 その金額は、あなたが決めた販売価格から印刷製本代を差し引いた金額の70%となります。つまり、電子書籍の場合には印刷製本代はかかりませんので、販売価格×売れた冊数×70%が印税となります。また、上製本(紙の本)の場合には、販売価格から印刷製本代を差し引いた金額×売れた冊数×70%が印税となります。そのため、システム上、上製本の販売価格は印刷製本代よりも安く設定できないようになっています。印税のお支払いは、翌々月に行いますが、印税の総額が3000円未満の場合には翌月以降に繰越となります。

◆ 仮出版(校正)って?

本が出来上がりましたら、まず「仮出版」を行い、システム利用出版費用として\40,000(消費税別)の決済をしていただきます。決済完了となりましたら、校正(確認)用の本を1冊お送りいたします。この校正本にて、文字や文章・画像のイメージ等をご確認ください。修正箇所がありましたら、「エディタソフト」のほうから直接ご自身で修正作業を行ってください。 校正(修正)作業が終わりましたら、「エディタソフト」内の「出版」ボタンを押して正式出版を行ってください。正式出版後の修正はできませんので、充分に校正(修正)作業を行っていただきますようお願いいたします。